Make Local Happiness

自分の幸せは自分で作る!!!

2013年が終わるまでにRubyやってみる (その1:環境構築 rbenvでruby1.9系をインストール)

会社では主にJavaを使い、rubyはいっさい使っていない

 

プライベートでもサーバ側ではずっとPHPを使っていたのだが、

そろそろ避けては今年も終われんということで、

 

重い腰をあげてやってみることにした。

 

そもそもrubyって何がそんなにいいのか、

最近のニュースでこんな記事があった。

 

シリコンバレーを魅了する日本の「宝石」

http://business.nikkeibp.co.jp/article/opinion/20131219/257313/?n_cid=nbpnbo_top_updt&rt=nocnt

 

シリコンバレーruby使用率は5割あるそうだ。

さらにRubyJavaなどと比べて文法が一般的な英語の文法と近く、直感的で使いやすく、プログラムを書く際の命令文(コード)の分量も格段に少なくて済むという利点がある。とも書いてある。

 

そんないいのかな。

PHPとっても簡単で良かったし、

Javaも色々関数がそろっているし、クラスとインスタンス分けることで、

テストも減ることが多かった。

その分、最初はコード量も多かったが。

 

まずは、習うより慣れろなので、

ドットインストールからやってみます。

Ruby入門 (全32回) - プログラミングならドットインストール

 

まずは

環境構築として、

rubyのバージョンをドットインストールで使用しているバージョンに合わせます。

私はMac OSXを使用しているのでbrewコマンドでインストールしていきます。

 

1.rbenv(rubyのバージョン管理)のインストール

rbenv は RVM より軽量コンパクトな Ruby バージョン切り替えツール

最近人気らしいと誰かが言っていた。

passingloop • rbenv と RVM との違い

なんか色々エラーでたので、言われた通りやってみる

$ brew install rben
==> Downloading https://github.com/sstephenson/rbenv/archive/v0.4.0.tar.gz ######################################################################## 100.0% ==> Caveats To use Homebrew's directories rather than ~/.rbenv add to your profile: export RBENV_ROOT=/usr/local/var/rbenv To enable shims and autocompletion add to your profile: if which rbenv > /dev/null; then eval "$(rbenv init -)"; fi Warning: Could not link rbenv. Unlinking... Error: The `brew link` step did not complete successfully The formula built, but is not symlinked into /usr/local You can try again using `brew link rbenv' ==> Summary ? /usr/local/Cellar/rbenv/0.4.0: 31 files, 152K, built in 3 seconds

$export RBENV_ROOT=/usr/local/var/rbenv
$ sudo brew link rbenv Password: Linking /usr/local/Cellar/rbenv/0.4.0... 2 symlinks created
$ sudo brew install ruby-build
Error: You must `brew link pkg-config' before ruby-build can be installed

$ sudo brew link pkg-config Linking /usr/local/Cellar/pkg-config/0.28... 4 symlinks created

$ sudo brew install ruby-build ==> Installing ruby-build dependency: autoconf ==> Downloading http://ftpmirror.gnu.org/autoconf/autoconf-2.69.tar.gz ######################################################################## 100.0% ==> ./configure --prefix=/usr/local/Cellar/autoconf/2.69 ==> make install ? /usr/local/Cellar/autoconf/2.69: 69 files, 2.0M, built in 10 seconds ==> Installing ruby-build ==> Downloading https://github.com/sstephenson/ruby-build/archive/v20130518.tar.gz ######################################################################## 100.0% ==> ./install.sh ? /usr/local/Cellar/ruby-build/20130518: 79 files, 352K, built in 3 seconds

$ echo 'eval "$(rbenv init -)"' >> ~/.bash_profile
$ tail .bash_profile export PATH=$PATH:/usr/local/share/npm/bin export PATH=$PATH:/usr/local/bin export PATH=$HOME/Binary/tmux/bin:$PATH export TERM=xterm-256color eval "$(rbenv init -)"

やっと、rbenvとruby-buildインストールできたので、

ドットインストールで使用している1.9系のバージョンをインストールする

$ rbenv install -l
Available versions:
  1.8.6-p383
  1.8.6-p420
  1.8.7-p249
  1.8.7-p302
  1.8.7-p334
  1.8.7-p352
  1.8.7-p357
  1.8.7-p358
  1.8.7-p370
  1.8.7-p371
  1.9.1-p378
  1.9.1-p430
  1.9.2-p0
  1.9.2-p180
  1.9.2-p290
  1.9.2-p318
  1.9.2-p320
  1.9.3-dev
  1.9.3-p0
  1.9.3-p125
  1.9.3-p194
  1.9.3-p286
  1.9.3-p327
  1.9.3-p362
  1.9.3-p374
1.9.3-p385 1.9.3-p392 1.9.3-p429 1.9.3-preview1 1.9.3-rc1 2.0.0-dev 2.0.0-p0 2.0.0-p195 2.0.0-preview1 2.0.0-preview2 2.0.0-rc1 2.0.0-rc2 2.1.0-dev
・・・

2.x系でも良かったのだが一応合わせて1.9系に合わせて受講する

 

$ rbenv install 1.9.3-p429
Downloading yaml-0.1.4.tar.gz... -> http://dqw8nmjcqpjn7.cloudfront.net/36c852831d02cf90508c29852361d01b Installing yaml-0.1.4... Installed yaml-0.1.4 to /usr/local/var/rbenv/versions/1.9.3-p429 Downloading ruby-1.9.3-p429.tar.gz... -> http://dqw8nmjcqpjn7.cloudfront.net/993c72f7f805a9eb453f90b0b7fe0d2b Installing ruby-1.9.3-p429... Installed ruby-1.9.3-p429 to /usr/local/var/rbenv/versions/1.9.3-p429

 

$ rbenv rehash
$ rbenv global 1.9.3-p429
$ rbenv version 1.9.3-p429 (set by /usr/local/var/rbenv/version)
$ ruby -v ruby 1.9.3p429 (2013-05-15 revision 40747) [x86_64-darwin12.5.0]

 

はい!

これでruby1.9系をインストール完了です。